XMのMT4はさまざまな端末で利用可能!外出先でも簡単にトレードができる!

XMは、海外業者としては驚くほどの低スプレッドで、ここ数年で一気にシェアを伸ばしてきた新興の海外FX業者です。

日本をはじめとして、すでに世界13カ国でサービスを展開しているので、早くも大手業者の仲間入りをしているといえるでしょう。もちろん、プラットフォームには海外FXでは今や標準といってもよいMetaTrader4が採用されています。

ここでは、そのMT4の具体的なメリットや使い方について見ていきましょう。

■MT4は世界中のトレーダーの心強いパートナー!

MT4はロシアのメタクォーツ・ソフトウェア社によって開発された無料トレーディングソフトです。その使いやすさから多くのFX業者がプラットフォームに用い、今では世界でもっとも多くのトレーダーが利用しているといわれています。

特に、テクニカル分析をするうえでは絶対に欠かせないソフトで、さまざまなチャートをひとつの画面に表示しながら、成り行き、指値、逆指値など、あらゆる注文を行うことができます。

経済ニュースもリアルタイムで配信されるようになっているので、ここぞという利益のチャンスを逃しません。

そしてMT4の最大の魅力は、何といってもEA(Expert Advise)を用いた自動売買機能でしょう。プロの作ったものを利用すれば、初心者でも簡単に導入することができるので、高度なトレードを実現するのも夢ではありません。つねに画面と向き合っている必要もなくなるので、取引に使える時間が少ないという人でも、より深くトレードに取り組むことができるようになるわけです。

もちろん、パソコン以外にも、スマートフォンやタブレットなどにインストールすることができるので、通勤中や休み時間など、いつでもどこからでも自由なトレードを楽しむことができるようになっています。

それ以外にも、取引履歴のバックアップやアラート、データベース管理など便利な機能を豊富に備えていて、あらゆる面でトレーダーを助けてくれる心強い味方となってくれます。

■実際にXMでMT4を導入するには?

それでは、ここでXMでMT4を使用するための具体的な方法を見ていきましょう。

まずは、XMで口座を開設します。

その後、確認メールや公式サイトにダウンロードのリンクがあるので、それぞれPC版、iOS版、Android版のなかから選んでMT4をインストールします。

MT4が起動したら、「ファイル」から「 Login to Trade Account」を選択しましょう。

ログインIDには、口座開設の承認メールに記されている「MT4アカウント」を、パスワードには「MT4パスワード」を入力して、サーバーには「LandFX-Live」を選びます。

これで、ログインすればMT4の導入は完了です。

あとは、公式サイトにログインして、MT4アカウントで入力し、最初の入金を行いましょう。

入金を行ったら、MT4の表示からターミナルを選んで、実際に入金が反映されているかどうかを確かめてください。

あとは、MT4からすべての取引に関する操作を行うことができるようになります。

■MT4さえ使いこなせるようになれば海外業者では怖いものなし?

MT4は最初に言ったように、今や海外FXでは標準ソフトといってもよいほど、ほとんどの業者でプラットフォームとして採用されているシステムです。

ですから、ほかのFX業者で口座を開設している人は、すでに使いこなしているという人も多くいると思います。

業者ごとに少しずつカスタマイズされている部分はありますが、基本的な操作やチャートの表示などは変わらないので、一度MT4を使いこなせるようになれば、ほかのFX業者でもほとんど迷うようなことはありません。

もちろん、XMで初めて使用する人にも同じことが言えます。

このように、MT4は世界中でプラットフォームとして使用されているので、業者を変えたり、複数利用していても、取引環境はほとんどそのまま変わらず、ストレスのないトレードを行うことができるようになっています。

初心者の方も、まずはXMでMT4の取引に慣れてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする